腸脛靭帯炎の原因と治療方法(整体、生野)

腸脛靱帯炎

ランニングの着地の時、膝のお皿のすぐ横、外側に痛みが出ます。1度痛みがでるとすぐには治らないことが多く、症状がキツイと数ヶ月かかることも有ります。

下の図は右足の外側のイラストです。(クリックで大きくなります)
腸脛靭帯円のイラスト
(まんがでわかるランニング障害解決事典 小嵐正治著 より)
黒い丸が骨の出ている部分。この部分を靭帯が通過する時、靱帯と骨との摩擦から炎症が起きて痛みが出ます。

痛みの原因としては、
1,筋肉の疲労、
2,膝関節の歪み

などが有ります。

自分でできることとしては、マッサージ、ストレッチ、アイシング、ランニングの練習量を減らす事です。

1,筋肉の疲労、
オーバートレーニングなどで筋肉が疲労すると、組織が硬くなります。それにより、骨との摩擦が増えて炎症が起きて痛み出します。

・無理なペースで走リ続けた
・一気に走行距離を増やした
・膝が痛いのにだまし、だまし、ガマンして走った。
などが患者さんからよく聞かれるお声です。

2,膝関節の歪み
太ももの骨に対して、すねの骨が外にねじれていると、ランニング中に腸脛靭帯に過剰に負担がかかります。
(右膝の骨模型)
膝関節の正常時の写真
膝関節が真っ直ぐな状態
膝関節が異常時の写真
膝関節がゆがんでいる状態
膝から下のすねの骨が外にねじれてしまっています。

治療するのが一番望ましいいですが、エクササイズである程度カイゼンも期待できます。

・腸脛靭帯炎の改善方法2
・腸脛靭帯炎の改善方法3
・腸脛靭帯炎の改善方法4
・腸脛靭帯炎の改善方法5

予約優先制の整骨院

009901

今里の整骨院、マラソンランナー整体師武川でした。

新着情報