ランニングシューズ(生野区、スポーツ整形)

整骨院の場所(アクセス) 治療メニュー
06-6712-6739
NHK番組、「アインシュタインの眼」の再放送がやっていた。大きめのシューズと、ピッタリのシューズではどちらが疲れにくいか?というもの。シューズのピッタリというのは、主に幅がピッタリということです。

ランニングシューズでも、レギュラー、ワイド、スリムタイプなどありますね。ウィズ、ワイズと言ってE、EE、EEE、4Eのサイズ表示もあります。結果は足幅がピッタリのシューズのほうが足の機能がよく働いて疲れにくといいうものでした。

自分は足幅が広いと勘違いしている人が多いそうで、多くの日本人はEEかEに当てはまるそうです。親指、小指にシューズのアッパーが当たるのを嫌う人も多いと思います。以前の私がそうでした。
長さがあったシューズよりも幅があったシューズを選ぶほうが重要ともいえますね。私が考えるランニングシューズを選ぶときに重要と考える順番です。

1,踵のホールド
2,幅があったもの
3,長さがあったもの
4,固さ、クッション性はお好みで

予約優先制の整骨院

009901

今里の整骨院、マラソンランナー整体師武川でした。

整骨院の場所(アクセス・駐車場) 
治療メニュー
初めての方もお気軽にお電話、お問い合わせ下さい(^^♪
メールでの予約
06-6712-6739
【受付時間】
《月~土曜》
午前8:30~12:00
午後3:00~8:00
《土曜日》は午前のみです
休診 土曜午後 日曜 祝日(ご予約優先制)
初めての時はお電話でご予約ください

大阪市生野区中川西2-6-5
地下鉄【今里駅】②番出口から南へ徒歩約9分
近鉄【今里駅】から徒歩約9分
市営バス【中川西公園前】から徒歩約30秒

【交通事故】
整骨院でも自賠責保険を使い交通事故の治療ができます。



あと、カラーとデザインも重要ですね(笑)

足にあったシューズを履くためにも、今の自分の足の長さ、幅は把握しておくことが必要ですね。足の大きさはその時々で変化しますから。

番組の詳細はこちら

新着情報