ふくらはぎがつる・こむら返り|生野区・東成区今里の整体・整骨院

ふくらはぎがつる・こむら返り

《こんなあなたは、読み進めてください》

ランニング中にふくらはぎが、つりそうになる

ランニング中,ふくらはぎに違和感・痛みを感じる

夜中に足がつって痛くて動けなくなる

寝転んで伸びをすると、足がつってしまう

シューズを脱ごうとすると、足がつりそうになる

ストレッチをしてもなかなか改善しない

これらの
症状を感じる方は、
腰からの神経の問題と
下肢の筋肉の問題で
 
 
足がつったり、こむら返りを
している可能性があります。
 
 
当院にこられる方の中にも、
腰痛やお尻・太ももの痛み
などと併発する形で、
 
 
ふくらはぎの症状に
悩んでいる方が
多くおられます。
 

「あっ、つりそう!」と
思った時にはすでに遅く、
ビキッとした痛みとともに
その場から動けなくなる。
 
 
突然襲う、ふくらはぎの
引きつり・こむら返り。
 
 
完全に足がつってしまうと
本当につらいですよね。
 
 
私の場合、ランニング後に
シューズを脱ごうとした時や、
 
 
長距離の練習をした夜中に
足が引きつることがありました。
 
 
自分の意識とは無関係に
筋肉が収縮して強い
痛みを伴うこの症状は、
 
 
医学的には、
腓腹筋痙攣(ひふくきんけいれん)
といいます。
 
 
一般的に考えられている
原因は筋肉の疲労
寒さや脱水などなのですが、
 
 
ふくらはぎの筋肉を動かす
脳からの命令は、
神経を通って伝わります。
 
 
神経の圧迫があると、
神経の流れが悪くなり、
脳からの情報が
うまく伝わらなくなります。
 
 
そうすると自分の意識と無関係に
筋肉が引きつってしまうことがります。
 
 
ですので、
症状の改善には、
筋肉へのアプローチと
神経へのアプローチが
必要になります。
 

神経の流れは、
水道ホースに流れる水で
例えることが出来ます。
 
 
ホースを足で踏みつけると
水の流れは悪くなりますよね。
 
 
それと同じように、
神経が何かで圧迫されると
中を流れている電気信号が
筋肉に上手く伝わらなくなります。
 
 
神経は、
筋肉の硬直や身体の歪みが
原因で圧迫されるのです。
 
 
当院の整体では、
 
固くなっている筋肉の調整や
骨盤・腰椎の調整を行い、
神経の流れを良くすることで、
 
 
脳からの命令を正常に、
筋肉に伝わるようにして、
ふくらはぎの症状を
改善していきます。
 
《関連ページ》
シンスプリント・ふくらはぎの張り・痛みについて
アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎について

武川整骨院 院長 武川宏彰 :たけがわ ひろあき
 

 
 
 

06-6712-6739

新着情報