私が開院した理由

【私が開院した理由】

 

(ケガを繰り返した野球人生)
医療の道をめざそうと考えたきっかけは、
自分自身の野球のケガでした。

小学2年生からリトルリーグで野球を始めた私は、
肩と肘の痛みに小学生の時から悩まされていました。

「肩が痛い」と監督に言うと、試合出れなくなるのでは?
怒られるのではないか?と考えて言えずにずっとがまんし、
とうとう投げられなくなってから監督に報告する。
そういうことを繰り返しました。

全力でボールを投げられない、ポジションを変えられる。
ボールを投げる練習は自分だけ参加できない。
ケガが原因で多くのもどかしい感情も経験しました。

何とか自分で痛みを改善しようと、
書店のスポーツコーナーで野球肘、
野球肩に関する書籍を探しまわりました。

しかし、当時は今ほどスポーツ医学も進んでおらず、
詳しいリハビリ方法に関する書籍はありませんでした。

痛くなったら練習を休んで治す。
また痛くなっては練習を休んで治す。
そんなことを繰り返した小学校から高校までの野球人生でした。

(スポーツドクター、トレーナーを目指して)

高校野球部に所属していた当時、
肘の故障から復帰不能と言われたプロ野球選手が、
アメリカのスポーツドクターの手術によって見事に復帰して、
活躍している姿をテレビで何度もとりあげていました。

「スポーツドクターってかっこいい!」と強く思ったのを覚えています。

私は小学生の時から肩、肘の故障に悩まされてました。

そんな自分には、野球選手の悩みを解決するスポーツドクターは、
特別にかっこよく見えました。

そして「医学部に入ってスポーツドクターになるぞ!」と考えました。
しかし、野球ばかりで勉強をしていませんでした。

結局、学力が足りず、医学部に入ること、
スポーツドクターの道は断念しました。

大学卒業後就職したのが不動産会社でした。
当時は就職難、職種、業務内容にはあまり考えずに決めた会社でした。

安易に就職先を決めたのは間違いでした。
仕事での厳しいノルマとプレッシャー、長時間労働。
安易に決めた職種では仕事の厳しさに耐え切れずに、
6ヶ月でやめることに。

仕事をやめてからはアルバイト生活が始まりました。
アルバイトをしながら、将来のことを考えました。

「次に就職する時に、一生を通じて関わる仕事として、自分がしたい仕事とはどんな仕事だろうか?」と何度も自問自答し、真剣に考えました。

自分はスポーツ、運動が好きで今後も関わっていきたい。
野球で肩、肘を故障し、つらい経験もした、
トレーニング方法を勉強したりもした。
スポーツドクターを目指したこともあった。

自分と同じように、故障、ケガに泣いているスポーツ選手の現場復帰、
パフォーマンスアップの手助けをしたいという思いが湧き出てきました。
そして、出てきた答えが【スポーツトレーナー】でした。

「スポーツトレーナーになるには鍼灸師の免許を取るといいよ。」
そんな助言をうけて、鍼灸専門学校に通いながら整骨院で勤務しました。

(修行時代)
朝5時半に家を出て、
夜10時半頃に家に帰ってくる生活。

仕事の勉強、学校の勉強などで忙しく、
専門書とペンを握りしめながら、
机の上で朝まで眠ってしまうこともよくありました。

整骨院で働いて、びっくりしたことは、
痛みが原因で歩く、立つ、座るなど、
日常生活動作が不自由で困っている方が本当に多いことでした。

原因はギックリ腰、椎間板ヘルニア、変形性膝関節症、
脊柱管狭窄症、交通事故のムチ打ちなど多様でした。
「自分で歩いて買い物に行けた」「夜、眠れるようになった」
「仕事に復帰出来た」「念願の海外旅行に行けた」

良くなった方が、普通に生活できること、
やりたいことができる喜びを感じている姿を、
毎日、毎日、目にしました。

スポーツ選手に限らず、
今、目の前で喜んでいる方と、
同じような症状で困っている方も、
みていきたいと自然に思うようになりました。

「そうだ、自分で開院すれば、そんな方もみれるし、スポーツ障害の方もみれるじゃないか!」と、きづきました。

スポーツトレーナーとして雇われるのではなく、自分で開院しよう!
関わる人達の身体と心のパフォーマンスを上げるための手伝いをしよう!
そして、楽しい生活を送ってもらおう!
そう、決意しました。

修行時代は、忙しくて心身ともに疲れることがあっても、
苦痛を感じることはありませんでした。
長かったような、短かったような8年8ヶ月の修行時代でした。

(変わらぬ思いで)
2006年7月25日 出身地である生野区で武川整骨院を開院。
野球でのケガ、サラリーマン経験、
アルバイト生活、整骨院での勤務、
すべての経験に無駄はなかった。

そして、地域医療に貢献しようと決意してよかったと思っています。
多くの方のご縁に導かれながら、こうして開院できたことに本当に感謝します。

【関わる人達の身体と心のパフォーマンスを上げるための手伝いをしよう!そして、楽しい生活を送ってもらおう!】
この思い、志を忘れることなく毎日の施術に励んでいます。

無題TEL 06-6712-6739

009901

新着情報